iのまち稲城市民祭

令和元年10月26日(土)~27日(日)の2日間にわたり「第18回iのまち稲城市民祭」が開催されました。同時に体育館では稲城市農産物品評会が開催され、多数の果樹・野菜などが出展されました。今年は5月の降雹とたび重なる台風の影響で昨年よりも出展数が少なかったのですが、稲城の梨生産組合員からも多数の梨が出展され盛大な品評会となりました。

農産物品評会の会場では新高梨の試食会が行われ、試食した皆さんからは「美味しい、どこで買えるの、、、」などのお言葉を頂き大勢の方に稲城の梨を味わっていただきました。

天候不良にも関わらず出展された梨はどれも見事な出来で、稲城の梨の栽培技術の高さが伺えました。一昨年より、姉妹都市の相馬市・野沢温泉町からの賞も加わり多数の方が受賞されました。受賞された皆様、おめでとうございます。

来年の市民祭も天候に恵まれ盛大に開催されますように。