立毛品評会開催

8月1日(火)に稲城の梨生産組合主催の梨立毛品評会が開催されました。

市内の4支部から選出された代表園(合計7園)に対して収量、整枝剪定、病害虫防除、肥培管理の4項目について審査が行われました。審査は南多摩農業改良普及センター、東京都農林総合研究センターの各先生方により行われ、それぞれの合計点で稲城市長賞をはじめ各賞が決定しました。

各地区から選出された代表園だけに、どの園も非常に栽培技術が高く僅差でした。

今回の品評会で上位の2園が東京都果実生産団体協議会の梨立毛品評会に選出され、東京都知事賞を受賞しました。稲城の梨生産組合の栽培技術の高さを感じる結果となりました。

間もなく収穫時期を迎えますが、稲城の梨を皆さんへ届けるまで天候に恵まれることを祈るばかりです。